省エネ・エコそして高品質をオーダーメイドでご提供します

環境試験室

環境試験室
 

DCS(dual coil system)方式空調機の特徴

DCS方式の特徴

DCSとは、dual coil system の略で、幅広い温湿度条件で運転する環境試験室を、最も少ない電力で運転するように開発した弊社独自の空調方式で、DCSは社内名称です。デュアル方式とも呼んでおり、低温運転に於いても霜取休止が無く、連続運転ができます。

一般的な低温試験室の霜取

低温低湿運転を行う場合、冷却コイルの表面はマイナスの温度領域にまで下げる必要があります。冷蔵庫でも霜取が必要ですが、試験室では入室者がおりますから、換気が必要です。すると、空気中の水分が冷却コイルに霜となって付着して凍結する現象が発生します。
一般的には、デフロスト中は運転を停止しますが、室内に発熱があると急激に温度上昇します。この状態で換気を行えば、湿度の高い外気が冷たい室内の壁や什器に触れ、表面結露して室内や床はびしょ濡れの状態になります。

低温で連続運転したいのに、たびたび霜取休止があったら、とても実験にならないと容易に想像がつくと思います。カタログ等には詳しく記載されておらず、導入されてからこのような事実に遭遇して愕然とします。

一般的な低温低湿運転

低温で低湿の運転を行う場合、シリカゲルを使用した除湿機を利用すれば簡単ですから、ほとんどの業者が低温低湿と言えばこの方式を採用しております。
デシカント方式と呼ばれております。
シリカゲルを熱風乾燥させますから、消費電力が非常に大きく、熱風乾燥したシリカゲルの熱が室内に入り、この熱を取る為に、冷凍機も大きくなります。
シリカゲルに吸湿させるのでレスポンスは悪く、湿度下降が遅いので、前日から運転しないと湿度が下がらない例もあり、なかなか条件が出せません。

除湿機により相対湿度が下がり過ぎたら加湿器を併用する必要があります。
除湿機で除湿してから設定湿度迄加湿しますので無駄が多く、省エネではありません。湿度を上げる為に加湿すれば、冷却コイルに着霜が発生しますから、
この方式でも定時的に運転を停止させてデフロストする必要があります。
また、除湿機と加湿器のメーカーの点検修理費はとても高額です。デシカント方式は、ランニングコストだけでなく、保守費も高額になってしまうのです。

弊社DCS方式

低温運転や低湿運転では、空調機の冷却コイルの温度がマイナスの領域になりますから、必ず着霜が発生して、やがて凍結します。
しかし、凍結するのは冷却コイルだけですから、2台設置して、切替えて使用すれば、連続運転できます。これが弊社デュアル方式の基本です。
切替時の工夫で、温湿度もほとんど乱れません。

必要な量だけしか除湿しないシステムですから、低温低湿では、除湿量を制御するだけで安定した湿度が得られ、加湿器が全く不必要になります。除湿量の制御で希望する湿度を得ますから、移行が早く、究極の省エネ装置になります。DCSは、10℃で10%迄の納入実績があります。

高温多湿の運転も可能です。必要以上に冷却除湿しないので、加熱量と加湿量はとても少なく、加湿器の稼働率が低いので、トラブルも起きにくくなります。

除湿器無しで低温低湿運転できる最大のメリットは、消費電力の少なさです。実は、除湿器は停止している間にも、ローターが吸湿する事を防止する為に、定時的にヒーターが入るのです。運転していないのに電力を消費します。

弊社DCS方式を他の方式と比較していただければ、条件到達時間の速さ、温湿度の安定性、消費電力の少なさで驚かれるはずです。

DCS運転チャート

運転開始から、1時間毎に設定条件を変更して記録したチャートです。


設定条件は、
20℃/20%
20℃/10%
10℃/20%
10℃/10%
低温低湿の4条件で行い、その後10℃/10%で連続運転させた物です。


オーバーシュートしないで移行する速度の速さ、安定性の高さが見られます。


時々発生している湿度の乱れが、冷却コイル切替、霜取時の乱れです。


切替時は湿度のみ10分間+2%程度上昇しますが、温度はほとんど乱れません。


本記録は、アイテックスのショールームの装置で行いました。

 

各種お問い合わせ・無料お見積りはこちら