省エネ・エコそして高品質をオーダーメイドでご提供します

クリーンルーム(オプション)

クリーンルームとは、単純に、空気中のゴミ(塵埃と言いますが)が少ない部屋のことです。
そのために、密閉性の良い部屋を作って、HEPA(ヘパ)フィルタという特殊なフィルタを通した風(空気)を送り込み、循環させ続けることで、ゴミの量はどんどん減ります。
扉を開けたときにCRの外側の部屋から空気が流れ込むと、CR内にゴミが入ってしまいますので、陽圧(正圧)といって室内の空気の圧力を若干上げることで、扉を開けたときにCRの中から外へ空気が流れ出すようにします。
HEPAフィルタは0.3μm(ミクロン)の粒子を99.97%取ることが出来るフィルタで、最近では花粉も取れることから家庭用の空気清浄機にも使われています。

※弊社のクリーンルームの施工はあくまでも恒温恒湿室・環境試験室施工のオプションとなります。

クリーンルームの4原則

1.微粒子・細菌を室内に入れないこと

室内を陽圧(大気圧より高い圧力)にして、扉等が開いた時吹き出るようにします。


2.微粒子・細菌を極力排除すること

エアシャワーを用いて、入室時に身体に付いた微粒子を排除します。
クリーンルーム内は、HEPAフィルタを通した空気を循環させ、微粒子を取り除きます。


3.微粒子・細菌の発生を防ぐこと

室内ではクリーンスーツ、マスク、手袋等を装着し、身体から発生する塵埃を防ぎます。
無塵紙や不織布など、粒子が発生しにくい製品を使用します。


4.微粒子・細菌を堆積させないこと

室内は清掃を心掛けると共に、手の届きにくい所は斜め屋根を付けてホコリが落ちやすい様にします。


クリーンルームの種類

クリーンルームには工業用クリーンルーム(ICR)、とバイオクリーンルーム(BCR)無菌室とがあります。

工業用クリーンルームは、浮遊塵埃を除去する無じん室です。
精密機器、半導体工場などに使われます。

バイオクリーンルームは、浮遊塵埃だけでなく細菌をも除去する無菌室です。
食品加工工場や無菌室(無菌動物飼育室等)、バイオハザードなどに使われます。
ICR: Industrial Clean Room
BCR: Biological Clean Room


清浄度

ICRは米国連邦規格FS209、BCRは米国航空宇宙局(NASA)規格に準用します。
清浄度にはクラスという単位があります。
一般的にはクラス100,000〜100まであります。


クリーンルームの設備

クリーンルームの4原則の条件を満たすために様々な工夫が凝らされています。

HEPAフィルタ   エアシャワー

微細な塵埃や細菌をもシャットアウトする、クリーンルームには欠かせない高性能フィルタです。
0.3μmの粒子を99.97%除去する事が出来るフィルタです。
定期的な交換が必要です。

 

エアシャワー クリーンルームの出入り口で、HEPAフィルタで無塵化したジェット気流により体に付着したゴミを吹き飛ばします。
エアロックの働きもするので、クリーンルーム内への塵埃の進入を最小限にくい止めます。

 
パスボックス   リリーフダンパー

パスボックス クリーンルームへの出入りは最小限にする必要があります。
パスボックスは物品の受け渡しをするための箱で壁面に取り付けます。エアロックの働きをし、クリーンルーム内への塵埃の進入を最小限にくい止めます。

 

リリーフダンパー クリーンルーム内は、外部からの塵埃の進入を防ぐために、陽圧(正圧)(バイオハザードは陰圧(負圧))に保たれています。内部と外部での圧力差が有るため、ドアの開閉が困難になります。
リリーフダンパーは部屋の差圧を調整し陽圧に保ち、ドアの開閉を楽にする働きを持っています。

※弊社のクリーンルームの施工はあくまでも恒温恒湿室・環境試験室施工のオプションとなります。


各種お問い合わせ・無料お見積りはこちら